北乃屋のこだわり

​タイトルが入ります。

創業大正13年から続くわけがあります。

まずは「もりそば」からご賞味ください。

「そばが食べたい」ではなく
​「北の屋のそばが食べたい」へ
IMG_0265_edited.png

​北乃屋からのお知らせ